IPOに当たりやすい証券会社っでどこ?

IPOに当たりやすい証券会社ってどこなんだろう?

俺が勉強したのは、主幹事の割当が多いから、主幹事証券になる機会の多い証券会社を使うべきだってこと。

主幹事証券だと、IPOの割当が8~9割近くあるからね。残りの配分を、幹事が数社あって、3%ずつくらい割当ることが多いみたい。

だから、どうしても主幹事証券から当選する人が多いよね。だって、当選本数が多いんだから。

そうなると、野村證券とかみずほ証券が主幹事多いから、当選に有利なのかな?ただ、ネットの割当が少ないから、実際はどうなんだろうね。

野村證券とかみずほ証券だと、ネットの割当が10%とかだから、あまり当選の期待はできないよね。

しかも、大手の証券会社ってライバルがめっちゃ多いしね。実際、口座数もネット証券の3倍くらいは多いんじゃないかな?

調べてみたら、野村證券は、口座数500万人以上いるのか。めっちゃ多い!まあ、最大手の証券会社だから、そうなるのかもね。

よくわからない場合、最大手の会社を使おうって考えは、他の業界でも同じだしね。

それに比べて、ネット証券だとネットの割当が100%とかが多い。だから、配分が多いから当選が期待できそうなものだ。ただ、主幹事証券になる機会が少ないのが微妙な所だよね。

主幹事じゃないと、3%くらいしかIPO割当られないしね。もう少し割当が多かったら、多分ネット証券の方がIPOに当たりやすいって言えそうだったけど。

ネット証券の場合、ライバルはそこまで多くないのかな?

調べてみたら、マネックス証券だと200万人いかないんだね。楽天証券だと200万人を超えるのか。松井証券だと、100万人を少し超えるくらいなんだね。

多分、ネット証券で主幹事をやる機会が多い証券会社がIPOに当たりやすいってことになるね。

そうなると、SBI証券が有力だね。

SBI証券だとネットの割当が半分くらいあって、主幹事証券になることも多いから。

ただ、SBI証券て、ネットと店舗からの割当が半々くらいだから、純粋なネット証券ていうのかは疑問だよね。

まあ、それでも、普通の店舗型証券よりは、ネット配分が多いから、十分IPOに当たりやすそうだよね。

気になるライバル数は、350万人くらいか。ネット証券の中では一番多いみたいだね!やっぱ、皆同じようなことを考えるのかな?それでも、野村証券よりはぜんぜん少ないね。

まあ、実際にやってみないとわからないから、いろいろな証券会社から応募をしまくるのがいいんだろうな。

そうだとすると、あとみずほ証券と松井証券とカブドットコム証券の口座も必要だな。

なるべく多くの証券口座を作っておいて、どこが主幹事や幹事になってもいいように準備をしておかないと。

多分、いずれ、10社以上の証券口座を持つことになるだろうな笑

それで、おそらく、あんまり使わない証券会社も出てくると思う。だけど、口座開設費とか維持費はかからないから、そうなってしまっても問題ないな。

だって、IPOの募集があるのわかってから、証券口座作ろうとしても、間に合わないだろうしね。

証券口座を作るのって結構面倒だよね。住所とか名前とか同じ情報を入力していかないといけないから、ちょっとだるい。

あと、本人確認のために、免許証とかマイナンバカードーのコピーを取ったり写真を撮ったりもしないとだねからね。

多分、コピーを数枚取っておくと、またコンビニに行ったりしなくて済むから、まとめて口座を作った方が効率がいいね。

慣れもあると思うけど、前より口座を作るの早くできるようになったし。やっぱり、最初は要領がよくわからないし、いろいろと時間かかるよね。

俺にも、早くIPO当たるようにならないかなー。