SBI証券のIPO抽選ルールについてまとめてみたよ!

SBI証券のIPO抽選ルールが特長的だから、まとめてみたよ!

まあ、IPO投資をやっている人なら皆知っていることかもしれないけど、まだ知らないことで参考になったら嬉しい。

まず、SBI証券では、ネットと店頭で半々くらいにIPOが配分されるようだね。ネット証券の中では、配分がそこまで多い方ではないかな。

でも、主幹事になるときが多いから、やっぱりIPOでは必要な証券会社だよね。

1.SBI証券のIPOチャレンジポイントいいね!

SBI証券だと、IPOにはずれてもIPOチャレンジポイントが貯まるんだよね。

これって、つまりこのポイントを貯めていけば、いつかIPOに必ず当たるってこと!

どれくらい必要かは、はっきりとはわからないけど、多分100とか貯めれば当選チャンスも出てくるみたい!

これならIPOに外れても無駄じゃないし、SBI証券からは応募を優先したいよね。

他の証券会社だとポイントとか貯まらないから、申込回数とか関係なく、当選確率は常に低いままだしね。

だから、俺は、基本的にSBI証券で応募できるIPOは全て申し込むようにしている。

全部申し込んでいけば、それなりにポイントも貯まるから。

ただ、もし、あんまり欲しくないIPOに当たってしまうと困るよね。しかも、人気ではなく、初値が高くならない銘柄に限って当たりやすいし。

まあ、その時は、最悪、辞退をすれば良いか。辞退をしても特にペナルティーはないしね。

今のところ、いらない銘柄でも当たったことないんだけどね。

いらないのに、当たったことが嬉しくて、購入しちゃうことに注意しないとだな。

多分、オークションとかと似ていて、そんなに欲しくない物でも、競争相手がいると欲しくなってしまうんだと思う。

その罠に注意しないと、せっかく勝率の高いIPOが台無しになってしまうね。

2.IPOが当選したときのために、SBI証券をNISA口座にしたよ!

NISA口座だと年間で120万円分が非課税になるから、IPOが当たって利益が出たとき美味しい!

通常だと、IPOを売ったときに出た利益の約20%が課税されるけど、NISA口座だとこれが免除される。

まあ、IPOにいつ当たるかはわからないけど、先に準備をしておいてもいいかなと思って。

なんか、NISA口座を開設するのって、けっこう時間がかかるらしく、IPOが当たってからだと確実に間に合わないみたいだから。

それにしても利益の約20%を課税するってどうなんだろうね。たしかに、所得税とか法人税に比べたら安いのかもしれないけど。

でも、投資ってリスクが付き物だし、必ず儲かるとは限らないのにね。税金でどう使われているかけっこう謎だよね。

税金て回収するのは天才的にうまいけど、使い方には無駄が多い気がするよね。

話がそれたけど、IPOだと高確率で儲かるから、高確率で課税されることになるね。

だから、IPOとNISA口座ってすごい相性いいよね!

ただし、SBI証券以外でIPOに当たったら課税されてしまうのが残念。NISA口座って1人1口座しか作れないからね。

まあ、でもここはSBIチャレンジポイントもあるSBI証券にNISA口座を作るのが良いと思うんだ。

3.SBI証券のIPO申込みはお金持ちが有利なんだね

SBI証券は、応募株数に応じてIPOの抽選がされるから、圧倒的にお金持ちが有利なんだね。

例えば、20万円のIPOがあって、20万円しかないと1口しか応募できない。

だけど、200万円あれば、10口応募できることになる。

さすがに持っている人は少ないとは思うが、2000万円あれば、100口応募できるのだ。

仮に、2億円あれば、1000口応募ができるわけか。

もしそうだったら、何回か応募をすれば絶対IPOに当たるよね。

俺のように庶民にとっては、厳しい現実だぜ。結局、金持ちが有利な世界で俺は生きているんだなって再認識するよ。

ネットでIPOに当選している人をよく見たら、SBI証券から当たっていることが多かったしね。

やっぱ、IPOが当たるかどうかは資金の差が大きいのかな。

まあ、愚痴っても仕方ないから、SBI証券から募集があるときは、できるだけ資金を投入するぜ!

特に、SBI証券が主幹事になったときは、割当が多くなるから、全力でIPOに望むべきだね!